エステサロンの口コミランキングや選び方がわかるポータルサイト

エステエンジェル > エステメニューの解説 > タンニングとは人工的な日焼けのこと!その効果やセルフタンニングについても解説!

タンニングとは人工的な日焼けのこと!その効果やセルフタンニングについても解説!

最終更新日:

日焼けをした小麦色の肌の女性

タンニングとは

タンニングとは日光浴によって肌を焼く日焼けをマシーンで行う美容法です。「日焼けサロン」というとイメージしやすいかもしれませんね。

小麦色に焼けた肌は健康的で美しく、男性はたくましく、女性では引き締まったボディに見えます。また、タンニングは見た目の美しさの他に心身の健康にも生かすことができます。

日光浴をすることは、人間の生命活動に大きな影響を与えるものです。太陽の光に当たることでホルモンなどの分泌が活発になり、身体の調子を整えることができます。また、皮膚の細胞の活動を高めて免疫が向上します。そのため、海外の日照率の悪い地方などでは肌を人工的に焼くためのタンニングマシーンがとても人気です。

人工的なタンニングは自然の太陽光のように焼きすぎや紫外線の悪い効果を防ぐことができ、より安全に日光浴を楽しむことができます。健康的な美しさを目指す人にはタンニングの効果は大きなものとなるでしょう。

タンニングの理想的な頻度

「タンニングをしたい!」と思っても、日焼けサロン初心者にとっては、いったいどのくらいの頻度で通えば良いのかわからないものですよね。この答えは個人差があるので難しいところです。

今の色がどのような色なのか、日焼けをしやすい体質なのか、どんなマシンを使うのか、理想とする色はどのくらい濃い色なのかによっても通う頻度が違ってきます。

初めてタンニングを行う場合は、初回は一番パワーの弱い日焼けマシンで様子見するのが無難です。あまり焼き過ぎてしまうと肌がヒリヒリし、しばらく通えなくなってしまいます。

その後、5回程度のプレタンニング期間にしっかり色むらなくきれいに焼いていきます。頻度は人それぞれで、2~3日に1回という人もいれば、1週間に1度という人もいます。

下地ができてからは、1カ月に1回や、数カ月に1回など、自分の色の落ち方を見て通っていきましょう。サロンスタッフに相談すれば、一緒に理想のゴールを目指していけるはずです。

タンニングの方法

サロンで日焼けした女性の脚

タンニングはタンニングマシーンやサンベッドと呼ばれる機械に横たわって人工的にコントロールされた紫外線を浴びます。約20分ほどのマシーンの利用で、健康の維持のために必要とされる一日分の日光浴が可能です。

肌質に合った時間やマシーンの種類を選ぶことが大切です。紫外線に弱い人などでは使用できないことがあるため、初めての人は慎重にする必要があります。タンニングマシーンから出る紫外線は体への悪い影響を抑えられたものですが、目の保護は欠かせません。UV保護ゴーグルの使用やランプや光源を見ないようにするなどのルールを守ってマシーンを利用しましょう。

また、タンニングマシーン利用中の脱水症状を予防するために、事前の十分な水分補給をしておきます。貴金属をつけたままやタトゥーの部分を保護せずにタンニングするとやけどやタトゥーの変色などの恐れがあります。安全に注意をして利用しなければいけません。

タンニングのおすすめポイント

タンニングは人工的に日光浴の効果を得ることができます。日光浴のパワーはメンタル面にも大きな影響を与えます。うつ病などの予防にもなると言われており、元気いっぱい精力的で前向きになれそうです。

また、日光に当たることで体内のビタミンDの生成が活発となり、カルシウムの吸収を他かけて骨粗しょう症の予防改善にも良い影響を与えます。さらに適切な日光浴は皮膚がんの予防効果もあるという研究結果もあります。

自己流で自然の太陽光に当たることは、リスクが高くなっています。しかし私たちの心身に太陽の恵みは欠かすことができません。人工的にコントロールされた日光浴で安全に健康的なカラダづくりをしましょう。

逆に「日焼けはしたくないけど小麦色肌になりたい」という方には、日焼けはせず塗って小麦色になれるセルフタンニング商品も人気です。タンニングジェル、タンニングクリームなどと呼ばれています。

将来シミになるのが嫌だという方や、脱毛していて日焼けできないという方は、塗ることで日焼け肌風になれるタンニングジェルなどを活用してみてくださいね。

関連する記事

シェアする