エステサロンの口コミランキングや選び方がわかるポータルサイト

エステエンジェル > エステメニューの解説 > スウェディッシュマッサージとは?その驚くべき効果と特徴・方法を徹底解説

スウェディッシュマッサージとは?その驚くべき効果と特徴・方法を徹底解説

最終更新日:

マッサージを受ける女性

スウェディッシュマッサージとは

スウェディッシュマッサージとは、直訳すると「スウェーデン式のマッサージ」のこと。スウェーデンに伝わる伝統的な施術のことをいいます。少量のオイルによって滑らかなタッチで行うハンドマッサージで、血行を良くして体を温めてくれるボディケアとなっています。日本の寒い冬や冷え性の女性にも適しており、体温の上昇で免疫力アップの効果も得られます。

スウェディッシュマッサージは優しいアロママッサージと強い指圧の両方の良さを持っており、さまざまな手法で体に痛みを与えずに心地よい満足感を得られます。体の筋肉や骨格に沿ったオイルマッサージによって、体の深部へと働きかけて、心身の疲れとコリを癒します。

少量のオイルを使うことで肌への負担を減らしながらも心地よい摩擦で血流を促して、体を温め、老廃物の停滞を解消することができます。疲れやコリ、むくみなどの症状にも良い効果が得られそうです。

スウェディッシュマッサージの特徴・効果

スウェディッシュマッサージはまだあまり日本での知名度は高くないかもしれませんが、実は現存するマッサージの基本となったマッサージだともいわれていて、別名「古典マッサージ」と呼ばれることも。

スウェーデンの医者がその方法を確立し、解剖生理学に基づいて個別の筋肉をストレッチしていくため、深部までほすぐことが可能です。体だけでなく心を癒す効果も認められていて、妊婦や赤ちゃんへも施術できるケアとしても有名です。

その効果には個人差がありますが、スウェディッシュマッサージの効果は次のようなものです。

  • 血流を改善することで体温を上昇させる
  • 冷えを改善し、自己治癒力を高める
  • 慢性的な体の凝り(肩こり・腰痛など)を改善する
  • 免疫力をアップさせる
  • ホルモンバランスを調整する
  • 幸せホルモンの分泌を促進し、癒し効果がある
  • 副交感神経を優位の状態へと促す
  • リンパ球(NK細胞など)を増加させる
  • 体の深部の筋肉までしっかりと揉みほぐす

アロママッサージというと、たっぷりオイルを使って肌を滑らせながらマッサージを行うイメージですよね。しかしスウェディッシュマッサージは少なめのオイルで適度な摩擦を与えながら施術を行うことで、しっかりと体を温めます

グリグリと強い力を加えることはないので、マタニティケアやベビーマッサージも行うことができる施術方法です。

スウェディッシュマッサージの方法

サロンでマッサージを受ける女性

スウェディッシュマッサージでは、背中や脇腹などのボディから脚や腕、頭部など全身くまなく施術が可能です。浅い筋肉から深い筋肉へとゆっくりとアプローチしていきます。オイルの量や浸透の状態、段階的なマッサージの手法までが論理的に計算し尽くされていて、高い効果が得られます

皮膚に手のひらをフィットさせて、オイルで滑らせるようにしてマッサージを行い、徐々にオイルを浸透させていきます。初めは浅い筋肉をほぐし、オイルが浸透してきたら深い筋肉へとアプローチを進めます。オイルの滑りを利用して、長いストロークで広い筋肉へのアプローチや全身の循環への働きかけも可能です。

密着させた温かい手によって施術することでタッチセラピー効果を得ることもできます。心を安定させる効果も得られ、自律神経の調整や免疫力のアップが期待できそうです。

スウェディッシュマッサージのおすすめポイント

スウェデッシュマッサージでは、血行促進とリンパの流れの調整によって体を温めて余計な老廃物の排出を促すことができます。体を温めることで自己免疫機能を高めて体を健康へと導きます。また、老廃物のデトックス効果によって体の働きを向上させて、新陳代謝を促します。

流れるようなオイルマッサージは、しっかりとしたアプローチではありながらも、痛みなどの苦痛はなく、快適な心地よさを得られます。肌に直接触れる手のぬくもりで精神のストレスも癒す効果があります。

心身に疲れが溜まっている時や寒さで体が硬くなっている時などに体を温めてリラックスできそうです。世界一気持ちいいマッサージとも言われるスウェディッシュマッサージで心身に究極の癒しを与えましょう。

関連する記事

シェアする