エステサロンの口コミランキングや選び方がわかるポータルサイト

エステエンジェル > エステメニューの解説 > エステのリダクションとは、​メスを使わない脂肪溶解マシンのこと!その驚くべき効果とは?

エステのリダクションとは、​メスを使わない脂肪溶解マシンのこと!その驚くべき効果とは?

最終更新日:

ダイエットでお腹が痩せた女性

エステにおけるリダクションとは

リダクションというのは直訳すると「減少、縮小、補正、修正」などの意味を持ちます。リダクションという言葉が使われるシーンごとに違う意味を持つことがあり、例えばオペラや交響曲で使われる場合には、編曲の意味になります。

ここで説明するのは、「エステにおけるリダクション」のことです。エステにおけるリダクションは、2002年の米国形成再建外科学会で発表された理論をもとに製造された、マシーンを使った脂肪溶解の施術のことです。エステティックサロンなどで痩身法として使われており、高い効果と長期間のボディラインの維持が魅力です。

低出力のレーザー光を特殊なパッドによって当てることで、その部位の脂肪細胞に直接働きかけます。脂肪細胞は細胞膜に穴が空き、中の脂肪が細胞の外に出てきます。瞬間的に排出されてしまうため、体はそれを老廃物と認識して排出することができるのです。残った脂肪細胞は小さい元の形に戻ります。

脂肪細胞は一度増えてしまうとその数を減らすことは難しいものです。しかしこの方法を行えば、脂肪細胞を小さくするだけでなく、弱った脂肪細胞そのものを組織から剥がすことで老廃物として処理することもできます。

リダクション痩身の方法

リダクションは、エステティックサロンなどのメニューの一つとして受けることができます。横になっているだけでエステティシャンが気になる部分に光を当てていくので、とても楽チンです。低出力レーザー光はじんわりと体を温かくしてくれて、痛みなどもありません。

リダクション自体には溶かした脂肪細胞を体の外に押し流す力まではありません。そのため、リダクション後に脂肪細胞をはがして代謝システムに流すエンダモロジーやリンパ系の流れをスムーズにするインドエステなどを行うと良いでしょう。>セットメニューで行うことで高い相乗効果を与えることができます。リダクションからその後のマッサージまで行っても1時間ほどで済むコースもあるため、忙しい人にも利用しやすそうです。

ただし、施術後に注意しなければいけないことが一点。リダクションの後は代謝と吸収の働きが高くなっているため、施術後すぐの食事は避けた方が良いでしょう。施術の後2時間程度は老廃物の排出を高めるための水分補給のみ行うようにします。

リダクション痩身のメリット

マッサージを受ける女性

リダクション痩身のメリットをまとめると、次のようになります。

  • 低出力光を痩身したい部位に当てていくだけなので、痛みが無い
  • マシンが脂肪そのものを溶解するので、リバウンドしにくい
  • メスも注射も使わずに、脂肪を体外に流しだせる
  • 直接働きかけるので、誰でも効果を実感することができる
  • 痩せたい部位だけを選んでマシンを当てることが可能

リダクション痩身のメリットは、痛みがないことです。

脂肪を吸引するマシンなどは、効果は高いものの、痛みが伴う点がデメリットでした。しかしリダクション痩身は、痩せたい場所に特殊な光をあてていくだけで、痛みは一切感じません。

また、リバウンドしにくいのも大きなメリットです。キャビテーションなども同じですが、脂肪そのものを機械の力で溶かしていくため、脂肪を完全に排出することができ、リバウンドしにくい方法だといわれています。

メスも注射も使わずに、ベッドに横になってマシンを当てるだけで脂肪を排出できるので、手軽な痩身方法といえるでしょう。

リダクション痩身のおすすめポイント

リダクションのおすすめのポイントは、全身やせもパーツやせも好みのままに行えるという点です。リダクションのマシーンの施術は、やせたい部分にパッドを当てるだけで集中的にケアができます。全身やせでも脚や背中、ウエストはサイズダウンさせて胸だけはそのままといったメリハリのあるボディを作ることが可能です。

忙しくて運動や食事制限などが行えないという人でも、自己流のつらいダイエットよりも効果的に理想のボディラインを作ることができ、リバウンドもしにくくなります。筋肉の多い人でも、他の組織を傷つけたりせず脂肪だけに効くから安心です。

関連する記事

シェアする