エステサロンの口コミランキングや選び方がわかるポータルサイト

エステエンジェル > エステメニューの解説 > フェイスリンパドレナージュ(マッサージ)とは?驚くべき効果とその方法を徹底解説!

フェイスリンパドレナージュ(マッサージ)とは?驚くべき効果とその方法を徹底解説!

最終更新日:

サロンで顔のマッサージを受ける女性

フェイスリンパドレナージュとは

フェイスリンパドレナージュとは、ハンドマッサージを利用した首から顔にかけてのリンパケアの一種です。リンパドレナージュ=リンパマッサージと考えて問題ありません。ハンドマッサージによる手技を利用して、リンパ液を「流す」ことで、顔のむくみやたるみの原因となる老廃物を排出する効果があります。

リンパ液は肌のすぐ下を流れていて、細胞に酸素や養分を運んだあと、細胞の排出する二酸化炭素や老廃物を回収してリンパ節を通して除去する働きをしています。リンパ液は血液のように心臓の拍動で押し出される仕組みがないため、普段は体の活動による筋肉の収縮で緩やかに排出されていきます。

ところが、代謝の乱れや、生活習慣の乱れが原因で老廃物が過剰に蓄積すると、通常のリンパ液の活動だけでは排出が追い付かないくなる場合があります。リンパの流れそのものが悪くなると、皮下に水がたまったようになり、ぶよぶよとしたむくみが起こります。

そのため、顔の周りをマッサージしてリンパを流すことで、老廃物を流すのが大切なのです。

フェイスリンパドレナージュの方法

エステティックサロンのメニューの一つであるリンパドレナージュは、熟練したエスティシャンのハンドマッサージで行われる方法と、自宅で簡易的に自分で行う方法とがあります。基本は、肌の表面を指の腹や手のひらを使って、静かにさする方法や、柔らかく揉み解すことで排出を助けます。

フェイスリンパドレナージュをエステで受ける場合

エステサロンなどでは小顔効果を得るために、フェイスリンパドレナージュを行っているお店が数多く存在しています。必ずしも「フェイスリンパドレナージュ」というメニュー名ではなく「顔リンパマッサージ」「フェイシャルリンパマッサージ」「小顔オイルリンパ」など、お店ごとに違う施術名で提供していることもあるので、ご注意ください。

リンパドレナージュのマッサージは、あまり力を入れないで、柔らかく優しく肌の表面をリンパの流れに沿ってさすります。顔の場合は、内側から外側へリンパを押し流すようなイメージで行われています。

フェイスリンパドレナージュをエステで受ける場合は、施術台にうつ伏せになり、あとは施術を受けるだけです。フェイシャルだけなら、着替えが不要なことも多いので、手軽に受けられます。

自宅でフェイスリンパドレナージュをする方法

自宅でリンパマッサージをする女性

コツさえ掴めば、エステに行かなくても自分でフェイスリンパドレナージュをすることもできます。自宅での顔のマッサージは基本的に何も必要ありませんが、マッサージクリームやオイルがあると、より良いでしょう。

ウォーミングアップとして首のリンパマッサージから始め、顔の中央、口の周り、小鼻、あごのライン、目の周り、ほほなどを順番に撫でていきます。時には指先に力を入れて、しっかりと老廃物を流すイメージで行いましょう。

最後に両手の平を使って、顔全体を引き上げていきます。最初に行った首のリンパマッサージをもう一度行って、フェイスマッサージを終了します。

フェイスリンパドレナージュのおすすめポイント

リンパドレナージュを行うと、皮下に溜まっていた老廃物と一緒にむくみの原因になる余剰のリンパ液が押し出されて、顔がすっきりとします。

顔の輪郭がシャープになり、むくみがちな人では、1回でも小顔効果も発生します。また、むくみがあると、加齢で生じるほうれい線や小じわ、たるみも目立ちやすくなりますから、リンパドレナージュはこれらのお悩みを解消する間接的な効果もあります。

ただし、リンパドレナージュそのものは、むくみやリンパが貯留しやすい直接的な原因を解消する物ではありません。ですから、体調や体質によっては、短期間で元の状態へ戻ってしまうこともあり得ます。むくみが少ない人の場合は、しわの解消効果も小さくなるので、1度の施術で劇的な変化は出ないこともあります。

リンパドレナージュで美容効果を得るためには、継続的、定期的な施術がとても重要になってきます。1回の施術ではあまり顕著な効果がなくても、繰り返し定期的に利用していくことで、リンパの流れが改善されて、良い状態を保つ効果が現れやすくなります。

関連する記事

シェアする