エステサロンの口コミランキングや選び方がわかるポータルサイト

エステエンジェル > エステメニューの解説 > イオン補給(イオン導入)とは?美容液が浸透しやすくなり、効果が何倍にも!?

イオン補給(イオン導入)とは?美容液が浸透しやすくなり、効果が何倍にも!?

最終更新日:

フェイシャルエステを受ける女性

イオン補給(イオン導入)とは

イオン補給はメンズ・レディースのどちらでも取り入れられているフェイシャルメニューです。サロンによっては「イオントフォレーシス」「イオン導入」「エレクトロポレーション」などの名前で呼んでいるところもあります。

イオン補給は、フェイシャルトリートメント方法のひとつで、美容液を電気分解によってイオンの形に変えて、肌の奥まで浸透させるトリートメントです。人体の皮膚には天然のバリア機能が備わっていて、これによって皮膚は外部の刺激や水分、油分の細胞への侵入を防いでいます。ところが、このバリア機能は同時に肌をケアするための美容成分が細胞中に到達するのを妨害する働きも行ってしまいます。そのため、美容液を肌の表面にただ塗っただけでは、大部分がバリア機能のブロックによって肌の奥に到達できないことになってしまいます。

美容液をイオンの形にすると、粒子が小さくなり、細胞の隙間を難なく潜り抜けることができるようになります。プラセンタやビタミンCなどは、肌の奥まで届けるのが難しい美容成分ですが、イオン補給を利用すると皮膚細胞の奥まで到達することができるため、アンチエイジングや美白の効果が高まると言われています。

イオン補給では、このような効果と並行して、肌が本来持っているイオンバランスを整えて、より健康的で若々しい状態へと導く事を目的としています。

イオン補給(イオン導入)の効果

イオン補給(イオン導入)には、主に肌質や肌トラブルを改善させる効果があります。その他、次のような効果が期待できます。

  • 美容成分の浸透性をアップさせる
  • 短時間に肌の悩みをケアすることができる
  • エイジングケアの集中ケアができる
  • 乾燥肌を改善する
  • 美白効果を得る
  • しわやたるみを改善する
  • 皮膚の新陳代謝を高める
  • 活性酸素を除去する

イオン補給をすることで、普通に美容成分を浸透させるよりも早く多く浸透させることができるため、集中的なケアが可能なのです。

イオン補給(イオン導入)の方法

フェイシャルエステを受けた女性

エステティックサロンで行われるイオン補給の方法は、洗顔をしてから行われます。洗顔によって、肌表面の余分な角質や、皮脂を取り除くことで、イオン化された美容液が浸透しやすくなるためです。

イオン補給に使われる美容液成分でメジャーなものは、プラセンタ、ビタミンCです。これらは水溶性でイオン化がしやすいことと、イオン化した際の粒子が小さいことで、肌の奥へ到達しやすい点が適しているためです。コラーゲンやヒアルロン酸はイオン化しても粒子が大きく、細胞の隙間を潜り抜けることが難しいので利用されていません。

サロンでは、洗顔したてのお顔から余分の水分をふき取ってから、専用の美容液を塗り伸ばします。その状態で器具で軽く押さえるように肌の上を滑らせます。

器具からは微弱な電流が発生していて、これによって肌の上の美容液がイオン化され浸透していきます。目の周りと唇は皮膚の構造が他の部位と違っていてデリケートですから、イオン補給は行えません。電気を使うことで肌にも負担がかかるので、施術は週2回程度までの頻度で行うのがよいようです。

イオン補給(イオン導入)のおすすめポイント

イオン補給で使われるイオン化した美容液は、マイナスの電荷を帯びるようになります。つまり「マイナスイオン化している」状態です。この状態になると、イオンの反発力が作用するために、通常のお手入れよりも深く美容成分を浸透させる効果が起こりやすくなります。

イオン補給を行うと、通常の数十倍の浸透力が発揮されるため、美容液の効果が高まります。つまり、肌がたっぷり栄養素を受け取ることができるようになるということで、同じ美容液でもしっかり効き目が表れるということです。イオン補給をした後のお肌はふっくら、つやつや、ぷるぷるになります。

細胞がしっかり栄養補給を受けることができ、効果がはっきりしている点は、イオン補給の優れたメリットです。

シミ、そばかすにビタミンCを補給すると、細胞の酸化とメラニン色素のリセット効果があることは良く知られています。イオン補給でビタミンCを細胞内へ届けると、この効果が高まり、肌の透明感やシミ・そばかすの減少、更には老化予防によるアンチエイジング効果も期待できます。

イオン補給はエステティックサロンの定番メニューなだけでなく、自宅で小型のイオン補給美顔器を使うことで、継続的に利用することもできます。エステティックサロンのものと比べると出力が小さく、専用ジェルが必要になるなどの難点はありますが、自宅でこまめにケアを行いたい人や、手軽に通える距離にサロンがない場合には良い選択といえます。

関連する記事

シェアする