エステサロンの口コミランキングや選び方がわかるポータルサイト

エステエンジェル > エステメニューの解説 > フェイシャルストーンマッサージとは?驚くべき効果とその方法を徹底解説

フェイシャルストーンマッサージとは?驚くべき効果とその方法を徹底解説

最終更新日:

エステでホットストーンを顔に当てる女性

フェイシャルストーンマッサージとは

フェイシャルストーンマッサージとは、「ホットストーンセラピー」「ストーンセラピー」とも呼ばれる、温めた石を使ってマッサージを施す美容法を顔に施すものです。韓国で生まれた美容法で、全身に施術するものもあります。韓国ではごく一般的なエステティックサロンのメニューとして浸透しています。

韓国は岩盤浴に代表される、「石を温めて利用する美容法」が発展した国です。また、韓国式あかすりのように、美しい肌を保つために肌を活性化させる美容法が発展しています。美容についての関心・熱意の高さがうかがえます。

フェイシャルストーンマッサージでは、天然の手のひらサイズ程度の石を使い、アロマオイルなどと併用させることでお顔をもみほぐします。温めた天然石を並べて置く、押し付ける、さする、滑らせるなどの技法を使って凝りをほぐし、リラクゼーション効果と血行促進による美肌効果があります。

フェイシャルストーンマッサージの効果

フェイシャルストーンマッサージは、ホットストーンを顔に当てていく施術のことです。次のような効果が期待できます。

  • 表情筋の緊張をほぐし、血行が良くなる
  • 代謝が上がり、デトックス効果がある
  • 小顔効果やリフトアップが期待できる
  • 深いリラックス状態を得ることができる
  • 肩こりを緩和する効果が期待できる

小顔やリフトアップ効果を期待しながら、リラクゼーション感覚で受ける方が多いようです。

フェイシャルストーンマッサージの方法

フェイシャルストーンマッサージでは、最初にお肌の汚れや余分の角質を落とすためのクレンジングを行います。その後でハンドトリートメントを行い、顔の筋肉と肌を柔らかく整えてから、いよいいよストーンマッサージに入ります。

大地のパワーを持つ玄武岩などの天然石を、丸みを帯びてつるつるとした形に加工したものを、お湯で50~60度に温めたものが使われます。陶器で作った器具を使うこともあります。

これにアロマオイルを併用して、肌の上に並べる、滑らせる、押し付ける、さする、といった方法でマッサージし、顔の筋肉をほぐしていきます。

同時に、顔から首へとつながるリンパもマッサージして、老廃物の排出を助けます。最後に、パックやエッセンスで仕上げをして完了です。所要時間はマッサージのメニューによって差がありますが、30~60分の範囲が多いようです。

フェイシャルストーンマッサージを受けるには

エステで小顔になった女性

フェイシャルストーンマッサージを受けるためには、リラクゼーションサロンを探してみましょう。ホットストーンのメニューがあるエステサロンであれば、顔にも施術できるところが見つかるはずです。

癒し効果よりも小顔効果を狙う場合は、小顔やリフトアップをメインテーマにしているエステを探してみるのも良いでしょう。フェイシャルストーンマッサージと一緒に、小顔矯正や小顔整体を組み合わせるとさらに高い効果が期待できます。

フェイシャルストーンマッサージのおすすめポイント

フェイシャルストーンマッサージをおこなうと、肌の自然治癒力が高まって、肌のトラブルが改善されます。また、筋肉の緊張をほぐす効果、リンパの流れを良くして老廃物を排出させる効果ももたらされます。フェイシャルストーンマッサージを受けた後は、肌がもちもちと柔らかくなり、美白やくすみの改善、肌の色が明るく血行の良い色になるといわれています。

また、お顔の緊張をほぐすリラクゼーション効果は、表情を明るくする効果もあります

石や陶器は温められると遠赤外線を発するので、肌の上に置くことで、肌の奥まで遠赤外線による温め効果が伝わります。

遠赤外線の温め効果は体の奥まで伝わり、効果が長く続くのが特徴です。内側から温めることで、細胞の働きを助け、コンディションを向上させる効果もあります。リンパの流れも改善させるので、小顔効果、リフト効果がおよそ1週間ほど続きます。

関連する記事

シェアする