エステサロンの口コミランキングや選び方がわかるポータルサイト

エステエンジェル > エステメニューの解説 > アルゴテラピーとは?驚くべき効果とその方法を徹底解説!

アルゴテラピーとは?驚くべき効果とその方法を徹底解説!

最終更新日:

フェイシャルエステの効果を感じる女性

アルゴテラピーとは

アルゴテラピーとは、海藻と海水を使った美容・健康法であり、タラソテラピーというフランス発祥の療法のひとつです。海水に含まれている自然なミネラルやイオンを肌から吸収することで、血行を促進して体の代謝を高めます。

直接肌に海の豊富な成分が触れるため、肌にも良い効果をもたらし、ふっくらとなめらかな肌に仕上がります。海藻のパックを塗ってから体を温めるため、大量の汗をかくことで毛穴の汚れもすっきりと落とされて肌がリフレッシュできそうです。

アルゴテラピーに使われる海藻は海水中のミネラルをはじめ、ビタミン類、アミノ酸、多糖類、タンパク質、植物ホルモン類などを豊富に含んでおり、ミネラルが酵素を活性化させて代謝を促します。代謝促進と美容成分の働きでデトックスと美肌効果を得られ、さらに海藻の香りによるリラクゼーション効果が期待できるでしょう。

アルゴテラピーの効果

アルゴテラピーは、海の力を利用した美容法タラソテラピーの中でも、海藻の力を使ったもので、海藻療法とも呼ばれています。海藻のパックを顔や全身に塗り、温めることで効果を発揮します。

アルゴテラピーの効果には個人差がありますが、次のような効果が期待できると言われています。

  • 海藻に含まれるミネラル分を取り込み、美肌効果がある
  • 肌をひきしめ、うるおいをアップさせる
  • パックしたあと、体を温めることで、代謝が高まる
  • ダイエット効果につながる
  • 新陳代謝が良くなり、健康な体を手に入れる

海藻が含む微量元素やミネラル、ヨウ素などを、海藻のペーストを全身に塗ることで、効果を発揮します。

海藻の栄養を直接肌に取り込むため、美肌効果が期待できます。全身にも栄養を取り込む効果があるほか、体を温めるので新陳代謝が良くなり、ダイエット効果にもつながると言われています。

アルゴテラピーの方法

海藻や泥が入ったパック

アルゴテラピーの施術方法は、次の3ステップです。

  1. 施術ベッドに横になり、ペースト状になった海藻パックを全身に塗る
  2. そのままビニールや温熱マットなどでくるみ、体をあたためる
  3. 20~30分後に、シャワーなどでパックを洗い流す

アルゴテラピーに使われているのは、海のエキスをたっぷりと蓄えた海藻と、人の体液に近く馴染みの良い海水です。海藻は中のミネラル分などが十分に出るように粉砕されており、海水と混ぜるとなめらかな肌触りのペースト状になります。これを肌に塗ることで成分を浸透させていきます。

ペースト状の海藻パックはそのままにしておくと水分が蒸発して体が冷えるため、塗った後はその部分をラップや温熱シートでくるみます。こうすることで、浸透を高めて体を温め、発汗作用をもたらします。後は十分な発汗と浸透が行われてからシャワーなどでパックを洗い流して終わりです。

代表的な海藻としては、発祥地フランスでも使われるラミナリア ・ディジタタ ・フュキュスなど。自宅でもできますが、加える水分も海水を使ってより効果を高めたい場合にはサロンなどの施術がおすすめです。

アルゴテラピーのおすすめポイント

アルゴテラピーの施術は天然の海藻と海水を使っただけの非常に安全な成分のみで行われます。上質な海藻や海水を使うことで、天然のミネラルやビタミンなどの成分が体にたっぷりと補えます。不足しがちな栄養素を肌に直接与えることができ、浸透した成分が体の中で代謝を高めてくれます。

アレルギー肌にも使われる海水浴療法と同じ成分なので、どんな肌質の人にも安心して使うことができ、弱った肌にも天然の優しい働きで栄養を与えられます。血行を促してくれるため、体の循環が良くなり、溜まった老廃物がスムーズに排出される効果も期待できます。

肌を健康に美しく、そして老廃物のデトックスで痩身にも良い効果を与えるアルゴテラピーはスキンケアにボディラインにと総合的な美しさを求める人にも満足のいく施術と言えるでしょう。海藻のナチュラルな香りで日常を忘れて心身をリラックスさせましょう。

関連する記事

シェアする