エステサロンの口コミランキングや選び方がわかるポータルサイト

エステエンジェル > エステメニューの解説 > アヴィヤンガとは?インドの伝統的なアロママッサージの驚くべき効果を解説

アヴィヤンガとは?インドの伝統的なアロママッサージの驚くべき効果を解説

最終更新日:

オイルマッサージを受ける女性

アヴィヤンガとは

アヴィヤンガ(アビヤンガ)は、インド伝承医学であるアーユルヴェーダの中で行うオイルトリートメントのことです。アヴィヤンガの意味は「なめらかな手で繰り返し擦る」という意味です。

ハーブを煮詰めて作られたアーユルヴェーダオイルを使った全身のマッサージによって心身の疲れを取り、心身ともに大きなリラクゼーション効果が得られます。アヴィヤンガは「究極のデトックス」とも呼ばれることもあります。

ハーブオイルを使ったハンドマッサージは、滑らかな心地よさで全身を揉みほぐしていきます。また、鼻から吸い込むオイルの香りによってメンタルのリラックス効果も与えてくれます。

マッサージとオイルの浸透によって疲れた部分に溜まった老廃物を洗い流す効果もあるため、そのリラクゼーション効果は施術後までジワジワと効き続けるでしょう。身体のこりが和らいで、毎日の生活がひときわ楽に感じられます。

一人ひとりの体質に合わせたオイルを使うのが特徴で、体質に合わせた予防医学を行うアーユルヴェーダの流れを汲んでいます。

アヴィヤンガの効果

アヴィヤンガの効果としては、アーユルヴェーダの浄化作用により、体の中に蓄積された老廃物を体外に排出するデトックス効果がメインです。長年不要な老廃物が体内に溜まっていると、体に悪い影響を与え、それが病気に繋がると考えられています。

アーユルヴェーダは予防医学なので、それらの不要物が病気という形で現れる前に、しっかりと体外に排出して体の調子を整えて行きます。

その他にも、次のような効果を期待することができます。

  • 慢性的な疲労感を改善する
  • 肩こりや腰痛、生理痛などを改善する
  • 慢性的な冷えや不眠を解消する
  • ホルモンバランスや自律神経を整える
  • ストレスを軽減する

癒し効果だけではなく、さまざまな心身の不調を整えることができるのがアヴィヤンガです。予防医学なので、一回だけではなく、何度か通って定期的に身体をメンテナンスしていくのがおすすめです。

アヴィヤンガの方法

エステのマッサージに使われるオイル

アヴィヤンガはアーユルヴェーダのひとつであり、「なめらかな手で繰り返し擦る」という意味を持っています。文字通りの滑らかなハーブオイルとオールハンドのトリートメントが丁寧に行われるものです。

一般的なオイルマッサージと同じように、着替えをして施術台に横になり、あとはマッサージを受けるだけです。

アヴィヤンガのマッサージは、ゆっくりとしたストロークで行われます。ゆったりとしたものですが、時には力強くダイナミックに身体をもみほぐします。オイルを使っているので、肌をすべるようななめらかさを持っており、頑固なこりを力強くほぐしながらも心地よさをもたらします

人肌に温めたアーユルヴェーダのマッサージオイルは、その人が持つ体質(ドーシャ)に合わせて用意されます。また、身体の疲れや老廃物の溜まり具合などによって違います。薬効成分のあるオイルをたっぷりと使うため、身体に浸透させることで細胞レベルでの元気を取り戻すことができるでしょう。

アヴィヤンガのおすすめポイント

アヴィヤンガは、アーユルヴェーダというインドの医学に基づいており、リラクゼーション効果はその場限りのものではありません。全身の丁寧なマッサージと浸透するオイルの効果によってつらい痛みやこりなどの緩和の作用が長く続きます。ひどい肩こりや慢性的な疲れを持った人などにも効果的です。

アヴィヤンガのマッサージは、施術中はハンドマッサージの刺激の心地よさとオイルの香りに包まれたエキゾチックな雰囲気の中、ラグジュアリーなリラックスが味わえます。さらに施術後まで続くハーブオイルの薬効成分の効果によって、疲れを感じにくいすっきりとした状態を感じられるでしょう。

定期的に通い続けることで体質自体も変化していくため、疲労感やこりのない快適な毎日が続きそうです。辛い疲れが取れない時に心身を休められる安息のマッサージです。

関連する記事

シェアする