エステサロンの口コミランキングや選び方がわかるポータルサイト

エステエンジェル > エステのコラム > 生理でエステをキャンセルできる?キャンセル料は?痩身・脱毛それぞれを解説

生理でエステをキャンセルできる?キャンセル料は?痩身・脱毛それぞれを解説

最終更新日:

エステ当日に生理になってしまった女性
せっかくエステサロンを予約していたのに、生理が始まってしまった。女性ならばよくあることですよね。そんな時、「生理が理由でキャンセルできるの?」「キャンセル料金が発生してしまう?」という疑問が浮かびますよね。

今回は生理が原因でエステサロンをキャンセルする場合の対処法やキャンセル料などについて解説していきます。

生理の場合キャンセルが必要なエステ施術

まずは、生理になってしまった場合にキャンセルする必要があるのかないのか、エステ施術ごとに紹介していきます。

脱毛サロン(VIO部分の脱毛はできない)

通っているのが脱毛サロンの場合、生理になってしまったら当然ながらデリケートゾーン(VIO)部分&ヒップの脱毛はできません。ただし、全身脱毛で通っている場合や、他の部位の脱毛と組み合わせて通っている場合は、VIO以外を脱毛してもらうことは可能です。

例えば1回で全身まるごと脱毛できるプランを契約している場合は、VIO部分以外の脱毛なら脱毛してもらえるサロンがほとんどです。また、もともと顔や腕、ヒザ下を脱毛するつもりだった場合は、そのまま脱毛してもらえます。

ただし生理中はホルモンバランスが乱れるため、痛みが強くなる傾向があります。事前に生理になりそうな日がわかっていれば、できるだけ生理周期を避けて予約する方が良いでしょう。

痩身サロン(施術はやめておいたほうが無難)

エステでお腹をマッサージされる女性

痩身エステサロンの場合、VIO脱毛のように直接デリケートゾーンを触るわけではないので、「生理でも大丈夫じゃないか」と思うかもしれません。しかし結論から言うと、生理になってしまったら痩身の施術はやめておいた方が無難です。

私もいくつかの痩身サロンに体験施術を受けに行ったことがありますが、「当日は生理の予定ではないですか?」と必ず聞かれます。つまり、生理の日に施術を受けるのはオススメされていないんです。

その理由としては、次のようなことが考えられます。

  • 生理中は肌が敏感になり、マシンやマッサージの刺激で悪影響が出がち
  • 紙パンツなどで施術を受けるので、生理の出血が気になってしまう
  • 発汗や老廃物排出時に、貧血を起こす可能性がある

生理中はホルモンバランスが乱れているので、刺激の強い痩身エステは受けないほうが無難です。急に生理になってしまったという場合は、キャンセルや予定変更を検討してみましょう。

ただし、お店によっては「生理中でもボディケア歓迎」というエステもあります。気になったらまずはお店に確認して施術を受けられるかどうか相談してみましょう。

フェイシャルエステ(肌に刺激が強い施術はNG)

フェイシャルエステの場合はどうでしょうか。フェイシャルエステの場合は、サロン側から断られることはないでしょうが、できれば控えておきたいというのが本音です。

また、次のような肌に刺激が強い施術は止めておきましょう

  • 剥がすタイプのケア(毛穴パック、脱毛など)
  • 光フェイシャルなどのマシン施術

生理中は、かゆみや赤みなど肌トラブルが出やすい時期です。刺激が強い施術はできるだけ生理中に行わないほうが賢明です。

施術をキャンセルしたい場合の対処法

これまで説明してきたケースに当てはまってしまった場合は、肌トラブルを避けるためにも、予約変更やキャンセルするのをオススメします。

脱毛サロンのキャンセル・予約変更の仕方

大手脱毛サロンの場合は、スマホやPCから簡単に予約変更・キャンセルを行えるお店がほとんどです。また、前日までのキャンセルだったらキャンセル料がかからない場合も多いので、もし生理が始まってしまった数日後にエステ予約を入れていたのなら、早めに予約変更をしておきましょう。

スマホからキャンセルを行えない場合は、店舗かコールセンターに電話してキャンセルの申し出をしてみましょう。

痩身サロンのキャンセル・予約変更の仕方

痩身サロンの場合、多くは電話で店舗に連絡してキャンセルするのが一般的な方法です。

お店によってはもしかしたら生理中でも受けられるような代案を教えてくれるかもしれないので、「急に生理になってしまったのですが…」と聞いてみると良いでしょう。

すでに決まっている予約をキャンセルする場合、キャンセル料が取られたり施術が1回分消化されてしまったりすることもあるので、相談してみましょう。

フェイシャルエステのキャンセル・予約変更の仕方

フェイシャルエステの場合も、キャンセル連絡は電話で行うお店がほとんどです。

痩身サロンと同じように、生理でもエステを受けられるか相談したうえで、キャンセルするか決めると良いですね。

直前キャンセルはキャンセル料が取られることも

エステで金銭トラブルに遭った女性

予定していた時期とずれて生理が来てしまうのは仕方のないことです。しかし当日のキャンセルや連絡無しキャンセルの場合、キャンセル料金が取られてしまう場合もあるので注意が必要です。

脱毛サロンの場合は、前日の営業時間までに連絡すればOKというお店が多いですが、痩身エステやフェイシャルエステはもう少しキャンセル規定が厳しめです。

予約日に来れない場合は問答無用で1回分の消化扱いになってしまうエステサロンや、当日キャンセルの場合5,000円のキャンセル料金がかかってしまうお店などもあるので、事前にキャンセル規定を確認しておきましょう。

そのような規定があるサロンでも、突然の生理などには何かしらの配慮をしてくれる場合もあるので、まずは分かった時点で早めに相談してみましょう。

また、後々で困らないよう、契約前にはキャンセル規定の厳しさについても把握したうえでお店を選ぶということも大切です。

まとめ

生理中に施術が受けられるエステサロンもありますが、できることならばホルモンバランスが崩れている生理中はあまり施術を受けない方が身体のために良いことです。生理痛が厳しい方は、エステどころじゃないという方も多いですよね。

そのため、まずは生理中にエステ施術が被らないようスケジューリングすることが大切です。それでも、生理が思ったよりも早く来てしまったり、遅れて来てしまったりすることは誰しも経験すること。

施術と生理が被ってしまうことが分かった時点で、なるべく早くエステサロンに連絡してみるようにしましょう。早めにキャンセルすればキャンセル料を免れることもでき、安心して次回のエステに備えることができます。

関連する記事

シェアする