エステサロンの口コミランキングや選び方がわかるポータルサイト

エステエンジェル > エステのコラム > エステの日はノーメイク?施術後は化粧できる?フェイシャルや痩身などケースごとに解説

エステの日はノーメイク?施術後は化粧できる?フェイシャルや痩身などケースごとに解説

最終更新日:

エステ前にすっぴんになるか迷う女性
エステの施術日が近づいてきて、ふと「当日って化粧したまま行って良いのかな?」と思うことありますよね。

顔にかかわる施術はメイクオフした方が良いのは分かりますが、ボディだけ施術するときや脱毛サロンに行くときはどうしたらいいのか…ケースごとにその境目は難しいものです。

ここではそれらのケースごとに詳しく化粧について解説していきます

エステの日は化粧をしないで行くべきなのか?

エステといってもさまざまな種類があるため、エステの日にメイクオフしていく必要があるかといっても、さまざまなケースがあります。

フェイシャルエステの場合

エステ施術を受ける際、化粧をしたままで施術を受けられるかということですが、一般的にはフェイシャルエステなど顔のケアをする場合はメイクをオフする必要があります

ただし、すっぴんで行く必要はありません

フェイシャルエステの場合、一般的には施術前にサロンのスタッフがクレンジングして化粧をきちんと落としてくれます。ファンデーションや濃いアイメイクも、しっかり落としてくれるので心配ありませんし、クレンジング剤を持って行く必要もありません。

一点だけ注意があるとしたら、普段アイプチをしている方は、エステ施術の日だけはアイプチは外しておく方が無難です。アイプチが施術時に邪魔になる場合があるからです。

多くのエステではメイクルームや化粧室が完備されているので、施術前に自分で外すのも良いでしょう。

痩身エステやボディエステの場合

ダイエット目的の痩身エステや、リラクゼーションとしてボディケアを受ける場合は、特別メイクオフする必要はありません。

ただし、大量発汗するようなメニューがあるエステでは、事前に「汗で化粧が落ちることがあるので、必要ならば化粧直し用の化粧ポーチを持ってきてください」と言われることがあります。

施術後の化粧崩れが気になるという方は、すっぴんでエステに行くか、エステに着いた時点で更衣室や化粧室などで化粧を落としても良いでしょう。

多くの痩身エステやボディエステでは、施術時に着替えが必要なので広い更衣室が用意されています。広い鏡の前でゆっくり化粧を落とすことができるので安心です。

クレンジング剤はお店によっては無い場合もあるので、化粧を落としたい方は持参すると良いでしょう。

脱毛サロンの場合

ムダ毛を処理する脱毛サロンに行く場合、顔の毛も脱毛するのであれば、メイクを落とすのは必須となります。

脱毛サロンの場合は、事前にメイクを落としてくるように言われるお店もあれば、サービスでクレンジングしてくれるお店もありますし、スタッフがメイクオフするのが別途有料のお店もあります。

サロンに問い合わせるのが一番ですが、分からなければクレンジング剤をお店に持参し、脱毛前に自分で化粧を落としても良いと思います。

エステが終わった後はメイクしてOK?

エステ後に化粧する女性

施術前の化粧落としと同様に気になるのが、エステの施術が終わった後にまた化粧をして帰って大丈夫かどうか、ということではないでしょうか。

これもまた、エステの内容によってケースバイケースとなります。

一般的にはエステ内の化粧スペースでメイクが可能

ほとんどのエステでは着替えスペースやメイクルームなどが用意されているので、施術後にゆっくり化粧を整えて帰ることができます

中にはサービスで化粧品やサンプルが用意されているエステサロンもありますが、基本的にはいつも使っている自分のメイクポーチを持参するようにしましょう。

顔脱毛した後は、メイクしない方がオススメ

脱毛サロンで顔脱毛した直後は、肌にある程度のダメージが残っている状態で、なおかつ乾燥して傷つきやすい状態になっています。

多くのサロンで採用されているフラッシュ脱毛は、熱の力を利用した脱毛方法なので、顔脱毛後は肌や毛穴が軽い炎症を起こすこともあります。

しっかりと保湿をするのは良いのですが、できれば化粧せずにそのまま帰るのが良いでしょう

どうしてもすっぴんを晒して帰れないという方は、マスクを持参するなどの工夫をすると良いかもしれません。

フェイシャルエステ後は化粧OK

フェイシャルエステを受けた後は、化粧をしてもしなくてもどちらでもOKだと言われています。

せっかく毛穴洗浄メニューを受けてキレイになっているので、もったいないからすっぴんで帰るという方もいます。一方で、仕事終わりにフェイシャルエステを受けた後、きちんと化粧直しをして帰宅するという方もいます。

エステには広いメイクルームが完備されているので、好きな方を選んで帰ると良いと思います。

ポーラのエステなど化粧品をメイン商材としているエステサロンでは、フェイシャルスキンケアをしたあとに、フルメイクをしてくれるサービスを行っている所もあります。

エステを受ける時にコンタクトはしてても良い?最適な服装は?

エステ中にコンタクトを外す女性

エステを受ける場合の化粧について説明してきましたが、化粧以外に気を付けることも合わせて解説していきます。

フェイシャルケアをするときはコンタクトを外そう

フェイシャルのコースを受けるときは、必ずコンタクトレンズは外すようにしましょう

目の周りにはたくさんのツボが集まっていて、目の際ギリギリのツボを指圧こともあるからです。レンズが入っていて万が一割れたら大変です。

施術中に眠ってしまうこともありますし、安全に施術を受けるためにはコンタクトレンズは外しておいた方がトラブルのリスクを避けられます。

服装は脱ぎ着しやすいものを選ぼう

エステ施術を受ける際にNGな服装というものは特にありませんが、できるならば脱ぎ着しやすい服装がベターです。

ほとんどの場合、エステでは施術用のガウンや専用着に着替えて施術を行います。時間を有効に活用するため、できればサッと着替えられる服装が良いでしょう。

また、アクセサリー類はあらかじめ外しておき、紛失して困る高価なアクセサリーは付けていかない方が無難です。

まとめ

エステを受ける場合の化粧について解説してきました。ひとくちにエステといってもさまざまなものがあるので、ケースバイケースで判断するようにしましょう。

もし迷ったらサロンのスタッフに問い合わせてみるのが一番間違いありません。気軽に問い合わせてみましょう。

関連する記事

シェアする