エステサロンの口コミランキングや選び方がわかるポータルサイト

エステエンジェル > エステのコラム > 機械を使わないオールハンドエステの魅力とは?エステティシャンの技量に委ねるサロン

機械を使わないオールハンドエステの魅力とは?エステティシャンの技量に委ねるサロン

最終更新日:

オールハンドエステの施術を受ける女性

この頃はさまざまな技術が進化し、機械を導入しているエステサロンが増えています。しかしそんな中、あえて「オールハンド」(手技による施術)にこだわったエステが人気なのも事実です。

オールハンドエステが好きなお客さんは、本物志向でプライベートな空間での癒しを求めている方が多いようですね。

そんなオールハンドエステの魅力について、存分に紹介していきたいと思います。

オールハンドエステとは?

オールハンドエステとは、機械(マシン)施術を行わず、すべて手を使った施術をするエステサロンのことをいいます。

マシンが無いというネガティブなイメージではなく、あえてエステティシャンの手技にこだわっている本格志向のイメージがありますよね。

機械による施術は、機械の使い方を覚えれば新米エステティシャンでも行えます。でも、オールハンドはそうはいきません。エステティシャンの技量が試される施術であり、エステ効果にも違いが現れることとなります。

オールハンドによるリンパマッサージ

オールハンドというと「リンパマッサージ(リンパドレナージュ)」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。全身を揉み解し、リンパの流れを良くしていくマッサージは、オールハンドで行われることがほとんどです。

アーユルヴェーダ

全身がとろけるような感覚で、絶大な人気を誇るアーユルヴェーダの施術もオールハンドで行われます。

インド大陸に伝統的に伝わるアーユルヴェーダは、人間が持つ自然治癒力を最大限に引き出すため、オイルなどを使って体をじっくりとマッサージしていきます。

エステのマッサージに使われるオイル

オールハンドの痩身エステ

キャビテーションやハイフ痩身などマシンを取り入れた痩身エステが増えていますが、あえてこだわってオールハンドにこだわったサロンもあります。

手技により体を強く揉みほぐし、固くなった脂肪やセルライトを柔らかくしていきます。これは昔から行われている方法で、今でも痩身マシンを使ったあとに老廃物を流す方法としても使われていますね。

オールハンドのフェイシャルエステ

手の温かさを感じながらフェイシャルケアをしたいなら、オールハンド専門のフェイシャルエステもあります。

こうしたエステは、大手サロンから独立してプライベートサロンを構えているエステティシャンが多く、ゆったりとした時間の中で満足度の高いフェイシャルケアを受けることができるでしょう。

オールハンドエステのメリットとデメリット

エステサロンについて悩んでいる女性
オールハンドエステとマシンを使ったエステ、どちらがいいか悩んでいる方もいるかもしれませんね。しかし、どちらがいいと一概に言えるわけではなく、それぞれにメリットとデメリットがあります。

オールハンドエステのメリット

Check!

  1. 人の手のぬくもりと繊細さがある
  2. すべての工程を人の手で行うので安心
  3. マシンに対する不安を感じなくて良い
  4. 効果はゆるやかだが、人の手によるものなので安心
  5. 信頼するエステティシャンの施術を受けることができる
  6. 人の手から受ける癒し効果がある
  7. 外部からの科学的な変化を加えなくて済む

オールハンドエステの最大のメリットは、すべての工程を人の手で行うので、温かみがあり、マシンからの科学的な変化を受けなくて済むことにあります。

たとえば痩身エステの場合ですが、マシン施術には即効性はありますが、なんだか味気ない…と思うこともありますよね。

人の手に触れられるだけで癒し効果があるともいわれています。フェイシャルエステで機械を顔に当てるのではなく、手でマッサージするだけでも癒し効果が得られると考えられています。

次に、オールハンドエステだと、信頼するエステティシャンの施術を直接受けられるというメリットがあります。

マシン施術のエステサロンは、毎回担当者が違うということがザラにあります。しかしオールハンドは毎回同じエステティシャンを指名できたり、オーナーひとりで行っているエステも多くあります。

「この方にゆだねたい」という信頼できるエステティシャンに毎回施術してもらえるのは安心ですよね。

また、エステで使われているマシンはすべて臨床実験にクリアした機械ですが、何十年単位で継続して使用した場合に健康被害が起こらないとはいえません。

自然に近い施術を受けたい方は、マシンを使うエステサロンよりもオールハンドエステが向いているといえるでしょう。

オールハンドエステのデメリット

次に、デメリットについても解説していきます。

Check!

  1. エステティシャンの技術力がすべてである
  2. 合わない担当者に当たると、効果が半減することも
  3. 自分に合うエステティシャンを探すのが難しい
  4. マシンよりも効果が現れるのに時間がかかる

オールハンドエステはすべての工程を手で行うので、何よりエステティシャンの技術力がものを言います。

下手なエステティシャンや、自分に合わないエステティシャンに施術してもらっても、期待される効果が出ないことがありえます

また、自分に合うエステティシャンを見つけるまでに時間がかかることも。高い技量を持ったエステティシャンは人気でなかなか予約が取れないこともあります。その代わり、信頼できるエステティシャンを見つけたら、ずっとその方に担当してもらえば間違いないという安心感を得ることができますね。

最後に効果についてですが、オールハンドエステはマシンを使わないため、即効性がないというデメリットがあります。

例えば痩身の場合、キャビテーションという脂肪を直接マシンで壊すような施術は、オールハンドでは到底行えません。すべて手で行うため、じっくり時間をかけて内側から改善していくのがオールハンドです。

オールハンドとマシン施術、どちらが良いの?

エステの悩みが晴れた女性
そもそもマシン施術とオールハンド施術では、求めるベクトルが違います。

即効性を求めるならマシン施術、体の内部から深くじっくり改善していきたいならオールハンド施術が向いているでしょう。

また、癒し作用やプライベート感、特別感を求めたい方には、オールハンドエステが向いています。

まとめ

オールハンドエステについて解説してきました。

オールハンドかマシンか、というのは誰しも迷うところですが、自分がどこを重視するのかを考えれば、おのずと答えが出てくるのではないでしょうか。

マシン施術を行っているサロンでも、一部の施術はオールハンドで受けられることもあります。「マシン施術を受けておしまい」ではあまりに味気ない気もしますので、手技による施術が受けられるサロンを探してみてはいかがでしょうか。

関連する記事

シェアする